理事長挨拶

 

大通り公園のカッコウの嗚き声で1日が始まる、緑豊かな夢多き街札幌、歌に唱われた恋の街札幌、東京以北最大190万市民が生活する道都札幌。

この街に昭和41年12月26日、事業協同組合札都個人タクシー協会が発足しました。以来40余年、市民の足として安全輸送第一で公共交通機関の一翼を担って現在に至っています。
この間、昭和30年代後半から本格的に始まったモータリゼーションとあいまって、市営地下鉄が整備される等、市民生活も一段と進化する中で、利用者サービスの形態も多様化してきております。

サービスも多種多様ですが当協会としては、サービスは物でもなく、金銭的なものでもなく、心のサービスを最高のサービスと位置づけ、日々加盟事業者一人一人が自己研鑚に励み、個人タクシーのステータスを高めることにより、利用者の信頼を勝ち取るべく努力しております。
又、いつでもどこでもドアツードアの利点を生かし、福祉タクシー、観光タクシー、無線タクシー等に力点を置いて利用者ニーズにお応えすべく、480名を超える加盟事業者が仲良く結束して「乗って安心個人タクシー」を合言葉に、より一層精進努力して利用者からの信頼を広げつつタクシー事業の使命を果たして参りますので、多くの方々のご支持とご用命をお待ちしております。

事業協同組合 札都個人タクシー協会
代表理事 九石 博昭

 

組織概要

 

名 称 事業協同組合 札都個人タクシー協会
所在地 〒064-0928
札幌市中央区南28条西13丁目1番7号

代表TEL/011-551-8181
FAX/011-551-8184
無線センター/011-561-3333
フリーダイヤル/0120-81-9681
設 立 昭和41年12月26日
事業者数 461名(2013年11月現在)
無線台数 286名(2013年11月現在)
マスターズ制度参加者 461名(2013年11月現在)
みつ星取得者 390名(2013年11月現在)
総従業員数 14名(2013年11月現在)
加入団体 (社)全国個人タクシー協会
北青色申告会
全国個人タクシー事業連合会
札幌ハイヤー協会
北海道中小企業団体中央会
札幌商工会議所
取扱店 JAF
取引銀行 北洋銀行・北海道銀行・商工中金・郵貯銀行

 

沿 革

 

昭和36年 4月22日 札幌市に28台免許
昭和41年12月26日 協同組合札都個人タクシー協会設立 札陸事協第14号
昭和42年 3月 2日 事業協同組合札都個人タクシー協会に変更登記
昭和43年 3月 青色申告会鉄東支部加盟
昭和47年 8月 札幌商工会議所小規模振興部会加盟

小規模企業共済退職共済事業団加入 商工中金出資

昭和47年11月 組合事務所会館落成 組合員135名
昭和48年11月 組合無線局に本免許 <無線部スタート>
昭和53年 2月 互助会制度設定 組合員263名
昭和53年 9月 小規模企業共済職員退職金制度加入 <中退金>
昭和59年 2月 道個連・全個協道支部加盟 組合員328名
昭和59年10月 1日 有限会社 札個 設立

<東京海上火災保険代理店及び自動車部品販売>

昭和59年11月 組合員会計帳簿等の記帳代行業務を開始
平成元年  7月 組合事務合理化を図るためコンピュータシステム導入
平成10年12月 優良個人タクシー事業者認定制度(マスターズ制度)実施
平成15年 2月 規制緩和による新規許可者32名 組合員380名
平成16年 8月 組合事務所会館新築落成
平成18年 2月 組合総会制から総代会制へ移行 組合員463名
平成21年 5月 こじポンスタート 加盟店 322
(2013年11月 322)
平成26年6月11日 ユニバーサルドライバー研修スタート
平成27年5月 集団健康診断開始
平成29年6月 全国タクシーアプリ無線配車実施
札都個人タクシー50周年記念動画

トップページ